蒲鉾本舗 高政

高政オンラインショッピング

お電話でのご注文・お問い合わせ 0120-39-2854 受付時間 毎日9:00~17:00

  • facebook
  • twitter

社員の声

東日本大震災から年目を迎える女川町・蒲鉾本舗高政。今、新しいパワー、そして希望に満ちた人材が活躍しはじめています。今回はそんな中から4人の元気な社員にスポットを当ててご紹介いたします。女川の明日への希望やこれからの可能性を感じていただければと思います。

上司のように、もっともっと経験と技術を身に付けて、美味しい蒲鉾づくりを目指したい。

及川 製造・焼き工程担当

石巻市にあった水産加工会社に勤務していた私は、あの大震災の津波でその職場を失いました。失望し戸惑う私に希望の光を与えてくれたのが、やはり被災した女川の蒲鉾メーカー高政でした。震災から力強く立ち上がり、皆がひとつになって働く姿に感動を憶えました。辛さや苦しさを乗り越えた本当のやさしさ・あたたかさ、そして仲間たちの強い繋がり。素晴らしい会社の一員になれた事の喜びを感じました。仕事は毎日が勉強です。練り工程からの焼きの工程へ。日々異なる様々な環境の中、常に一定の焼と味を作る。毎日手にする材料の状況を見極めその後の工程につなげられるよう、尊敬する上司を目標に励んでいます。目で見て手で触れ味を確かめる。くり返しの中で学ぶ事をとにかく大切に、自分の技術・知識を高め経験を深める。1日も早く良い技術者となりこの会社や女川町に貢献できるように努力していきたいと強く思っています。毎日が充実し楽しいです、もっともっと頑張っていきます。

忘れないでください。震災の事を、頑張る私たちを、そして素晴らしいこの町を。

阿部 通信販売担当

日々の忙しい業務の中、お電話のお客様から「美味しかったよ、ありがとう。」とお声をいただく時、本当に喜びでいっぱいになります。私たちの蒲鉾を喜んでいただけるのはやはり一番幸せな事。でも、入社当時の私はお客様との電話対応がなかなか上手く出来ず苦労していて、先輩方にも迷惑を掛けっぱなしの日々でした。今ではちょっぴり慣れてきたと同時に今の業務に将来に向けての大きな可能性がある事にも気付いてきました。震災に負けず立ち上がる地域の街や人々と共に、私たちも目標や夢を持って頑張らなければいけないと思っています。皆さん忘れないでください。あの震災があった事、わたしたちが今、未来に向かって笑顔で頑張っている事を。

大切なこの町、この仲間たちと、元気に楽しく生きていきたい。

内村 出荷工程担当

原材料の仕入れから各工程を経て多くの仲間が大切に作った蒲鉾を間違いないよう最新の注意を払って出荷する。責任の大きい仕事だと思います。大切なお客様の信頼を裏切らないよう厳しいチェックで日々対応します。高政は全ての工程でのチェックが厳しく、特に衛生面での管理はすごいなと思います。
入社の頃、高政はそこまで厳しいのかと思う程でした。女川町で被災した私は長年務めた水産加工会社と自宅を失いました。
でも一番大事な家族は皆無事。今は家族5人仮説住宅で暮らしていますが、この家族と言うものが本当にかけがえのない存在だと思っています。
ご縁があり入社して約2年、高政という会社は本当に素晴らしい人の集団だと思っています。会社は社員を守ってくれていると心から感じますし私も仲間との和を守って、厳しくとも楽しい仕事をと心掛けています。今私は職場も女川町も大好きですね。熊野神社からの素晴らしい景色とともにこの美しい自然溢れる環境で子供達を育て、これからずっとここで生きていきたいと思っています。

様々なお客様との触れあいや会話が私の元気の基です。

今野 本店店舗担当

学生時代、就職活動をする中で様々な企業を検討していました。 そんな時、隣町にある蒲鉾会社に目が止まりました。地元に根ざし、地元の様々活動にも参加し貢献しているその企業姿勢に心を強く打たれました。「この会社で働きたい。」という強い希望が生まれ応募したのがこの株式会社高政でした。
入社1年目の私には始めて経験する事や勉強する事がいっぱい。
何も分からない私に先輩の皆さんが本当にうやさしく丁寧に教えてくださいました。学生時代はバレーボールや色んなスポーツで汗を流して来た私でしたが今職場という新しい世界の中で、毎日気持ちのいい汗を元気に流しています。接客もまだまだ未熟。上司や先輩方に指示を受ける前に率先して動けるように、これからも自分にファイト!です。

ページトップへ